葉酸は赤ちゃんとお母さんにとって大切な栄養

葉酸ナビ

葉酸について解説します。

葉酸は赤ちゃんとお母さんにとって大切な栄養

葉酸と書くように、この栄養素はほうれん草ほ葉から発見されました。

ほうれん草は緑黄色野菜であり、ビタミン群、カロチンが豊富な野菜としても広く知られておりますが、この葉酸の含有量も特記すべきところなのです。

では葉酸とは私たちの身体にどのような働きをするのでしょうか。葉酸はビタミンB群の一種であり、たんぱく質や核酸の合成に働きかけます。

この働きかけの意味とは、つまり身体の基本である細胞がつくられることの手助けをする、つまり人間の身体が形づくられる過程に非常に重要な力を発揮してくれるということなのです。

こうしたことからも、特に妊娠初期の、赤ちゃんが日々お腹の中で育っていく時期のお母さんと、生まれた赤ちゃんに母乳をあげている時期のお母さんには特に大事な栄養素であるといえるのです。

葉酸はほうれん草の他にブロッコリーやレバー、豆腐などに豊富に含まれておりますが熱や水に弱いために調理をする段階でその栄養素が壊されてしまうことが多いために通常の食事では必要量を摂取することがなかなか難しいものです。

妊娠初期及び授乳期のお母さんには特に意識をして摂取するようにつとめて頂きたいものです。